デジタル遺品整理について

デジタル遺品とは~思い出について

前回の記事で  デジタル遺品とは~パスワードについて  書きました。

今回は、思い出についてです。

 

 

パソコンや、スマホの中にある思い出というと、写真や日記などがあります。

私の父も、几帳面な性格で、家族の写真をパソコンの中にきれいに整理していました。 

 

もし、あなたがパソコンなどに不慣れな方だったら、得意な人にこれらのデータを取り出してもらうといいと思います。

プリントしていつでも見れる状態にしておけば、いい思い出になるのではないでしょうか。

 

 

しかしながらいいことばかりではないかもしれません。

もしかすると、知らなくてもよかった、知りたくなかった情報があるかも知れません。

 

過去に、亡くなられたご主人様のパソコンの中に、不倫相手の写真やメールのやり取りが残っていた、というケースもありました。

 

 

このようなケースではないにしても、誰でも、人に見られたくない部分はあると思います。

そのような方には、参考までに、

ファイルの作成日や更新日、アクセス日を基準として、指定日数が経過したファイルの削除を勝手に行ってくれたり、

ご遺族がクリックしたら中にあるデータを完全削除してくれるソフトもありますよ。

 

 

 

最後に、パソコンを処分するときは、中身のデータは全て削除しましょう。

 

 

 

奈良県で不用品処分、遺品整理、生前整理、老前整理、断捨離をしております私たち、ライフアシストでは、

デジタル遺品の整理のご依頼も承っております。

 

メールでのお問い合わせはこちらから

 

お電話 0743-84-8717、  ファックス 0743-84-9879 でも承っております。

 

デジタル遺品とは~パスワードについて

デジタル遺品とは、ご遺族がパソコンやスマホ等をお持ちだった場合、その中に残されているデータの事です。

 

 

データの中にはご遺族が知らなければならない情報が含まれている場合があります。

例えば、インターネットバンキングや電子化された株券、その他にも、課金サービスを受けている場合もあるかもしれません。

 

 

 

 

特に、インターネットバンキングや株券などは資産価値のある遺産扱いとなります。ご遺族がFXなどで損をしていた場合は、借金が発覚する可能性もあります。

遺産の分配が終わった後に、家族がそのような情報を発見した場合、遺産争いの火種ともなりかねませんし、相続税に影響するかもしれません。

 

 

そのような状態を回避するためにも、デジタル遺品だけは、遺品整理の中でも早急に確認した方がいいと考えます。

 

 

 

 

 

ところが、それらを確認したくても、パスワードが分からなければページさえ、開く事が出来ません。

 

パスワードをまとめて紙に書いて残してくれているといいのですが、どうしてもわからない場合は専門の業者に依頼するのがいいと思います。

 

 

 

 

奈良県で不用品処分、遺品整理、生前整理、老前整理、断捨離をしております私たち、ライフアシストでは、

デジタル遺品の整理のご依頼も承っております。

 

メールでのお問い合わせはこちらから

 

お電話 0743-84-8717、  ファックス 0743-84-9879 でも承っております。

© 2017 e-遺品整理奈良 All rights reserved.